参議院議員 群馬県選挙区選出 当選5回

中曽根 弘文(なかそね ひろふみ)

生年月日 昭和20(1945)年11月28日

 高校・大学を通じて陸上ホッケーの選手として、インターハイや全日本学生選手権などで活躍。旭化成工業(現 旭化成)に入社し、合成ゴム、合成樹脂の営業や石油化学のプラント輸出、海外合弁会社の設立などを担当。

昭和58年に旭化成を退社し、父親である中曽根康弘衆議院議員の秘書となり、ウィリアムズバーグ、ロンドン、ボンの各サミットをはじめ、総理大臣の海外公式訪問に12回同行し、首脳外交を直接学ぶとともに自身も海外の要人とも交流を深め、人脈を構築した。
昭和61年の参議院議員選挙で初当選。以後5回連続当選、国会では主に、中小企業対策、農林業対策、外交・安全保障、憲法、教育問題等に積極的に取り組んでいる。

文部大臣時代には、戦後の現職文相として初めての韓国公式訪問を果たし両国の教育・文化・スポーツの交流拡大に尽力。また初のG8教育大臣サミットを東京で開催し、議長として将来のあるべき教育の方向性について提言を行った。また、教育改革国民会議を小渕総理とともに文相として発足させ、その後、内閣総理大臣補佐官として同会議を運営し、具体的な「教育改革 17の提言」として教育基本法の改正と教育振興基本計画の策定などを含む最終報告を取りまとめた。この提言の多くは順次法律として実行に移され、一連の教育改革の大きな柱となった。

更に、「与党教育基本法の改正に関する協議会」に於て、保利耕輔座長とともに自民党の代表委員として約70回にわたる審議で与党改正案の作成に尽力、平成18年12月には参議院「教育基本法に関する特別委員会」委員長として教育基本法の約60年振りの改正を実現した。また、「青少年健全育成基本法(仮称)」の議員立法を推進するなど、教育、青少年問題、更に自民党の幼児教育議員連盟会長、幼児教育小委員会委員長として、幼児期の教育の充実にも取り組んだ。

平成17年には、自民党「新憲法起草委員会」副事務総長として、与謝野事務総長(党政調会長/当時)を補佐し、自民党の新憲法案の作成に尽力した。
「サマータイム制度」の導入推進運動の中心的役割を果たすとともに、アジア地域の人道目的の地雷除去活動に対しても積極的に支援を行なった。

平成20年には麻生内閣において外務大臣に就任。北朝鮮による核実験やミサイル発射を始め、リーマンショックと言われた世界金融危機への対応、アフリカ・ソマリア沖での海賊対策としての海賊対処法案、インド洋に於ける自衛隊による補給支援活動の継続、更には気候変動等、山積する外交問題の解決に力を注いだ。また、沖縄の米軍再編に関しては、米国のヒラリー・クリントン国務長官と海兵隊のグアム移転を定めた協定に署名した。

平成22年から3年間は参議院自由民主党議員会長を務め、参議院の改革や自民党の政権復帰に力を尽くし、また自民党群馬県連の会長としても県政運営の安定・発展に取り組んでいる。

略 歴

昭和43年
慶應義塾大学卒業、旭化成工業株式会社入社

昭和58年
旭化成工業株式会社退社
内閣総理大臣秘書、自由民主党総裁秘書(兼務)

昭和61年
参議院議員初当選(現在まで連続5回当選)

平成2年
通商産業政務次官

平成5年
参議院 商工委員長

平成9年
参議院 議院運営委員長
平成10年
参議院自由民主党「政策審議会」会長
参議院 国鉄債務処理及び国有林野改革特別委員会 委員長

平成11年
文部大臣、科学技術庁長官(小渕内閣)

平成12年
文部大臣、科学技術庁長官(森内閣)
内閣総理大臣補佐官(教育問題担当)

平成13年
参議院 政治倫理審査会 会長

平成14年
裁判官弾劾裁判所裁判長

平成16年
参議院 予算委員長

平成17年
自由民主党 文化伝統調査会 会長

平成18年
参議院 教育基本法に関する特別委員会 委員長

平成19年
参議院 懲罰委員長

平成20年
外務大臣(麻生内閣)
外務大臣時代の会談・演説記録はこちら

平成21年
自由民主党 党紀委員長
自由民主党 群馬県支部連合会 会長(現在)

平成22年
参議院自由民主党議員会長(~24年)

平成25年
自由民主党 党紀委員長
自由民主党 青少年健全育成推進調査会 会長(現在)

平成26年
参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 委員長
自由民主党 日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会 委員長(現在)

平成27年
自由民主党 歴史を学び未来を考える本部 事務総長(現在)

平成28年
参議院 情報監視審査会 会長(現在)

旭化成時代

初当選

通産政務次官室にて

商工委員長就任を祝う会

小渕内閣で文部大臣・科学技術庁長官に就任

官邸にて文部大臣就任の記者会見

裁判官弾劾裁判所法廷にて(中央)

主な所属議員連盟

日米国会議員連盟(会長)
日本メキシコ友好議員連盟(会長)
参議院日本ポーランド友好議員連盟(会長)
日本リトアニア友好議員連盟(会長)
日本ラトヴィア友好議員連盟(会長)
参議院ASEAN議員交流推進議員連盟(会長)
日本アラブ友好議員連盟(会長)
アジア太平洋国会議員連盟(会長代行)
日韓議員連盟(顧問)
参議院日本・南アフリカ友好議員連盟
日本インドネシア国会議員連盟
日英議員連盟
日本ニュージーランド議員連盟(顧問)
日豪国会議員連盟(顧問)
日本エストニア議員連盟
クロアチア友好議員連盟
日蘭議員連盟
参議院日本・トルコ友好議員連盟
日本アゼルバイジャン友好議員連盟
ニュージーランド「アジア基金」名誉顧問
創生「日本」(会長代行)
皇室問題懇話会
日本会議国会議員懇談会(会長代行)
森林林業林産業活性化推進議員連盟
神道政治連盟国会議員懇談会(幹事長兼会長代行)
新憲法制定議員同盟(幹事長代理)
しいたけ等特用林産振興議員連盟(会長)
歌舞伎振興議員連盟(会長)
ボーイスカウト振興国会議員連盟(副会長)
2020年オリンピック・パラリンピック推進議員連盟(顧問)
障がい者スポーツ・パラリンピック推進議員連盟(会長)
スポーツ議員連盟(常任理事)
超党派ゴルフ議員連盟(副会長)
ゴルフ振興議員連盟(幹事長)
武道議員連盟
珠算教育振興議員連盟(会長)
幼児教育議員連盟(会長)
全国保育問題議員連盟
専修学校振興議員連盟
郵政研究会(顧問)
賃貸住宅対策議員連盟(顧問)
栄養士議員連盟(顧問)
観光産業振興議員連盟(副会長)
中小企業議員懇話会
鍼灸マッサージ対策議員連盟
畜産振興議員連盟(副会長)
日傷援護議員協議会
軍恩議員協議会
遺家族議員協議会
生活衛生議員連盟
薬剤師問題議員懇談会
獣医師問題議員連盟
看護問題対策議員連盟
全国温泉振興議員連盟(会長)
ハンセン病対策議員懇談会(会長)
臨床心理専門職を考える議員連盟(世話人)
自動車議員連盟
行政書士制度推進議員連盟
司法書士制度推進議員連盟
税理士制度改革推進議員連盟
「親学」推進議員連盟
中小印刷産業振興議員連盟(会長)
パン産業振興議員連盟(会長)
その他多数の議員連盟で活躍中

主な公職

日本陸上競技連盟(評議員会議長)
関東陸上競技協会(会長)
群馬陸上競技協会(会長)
群馬県銃剣道連盟(会長)
群馬県なぎなた連盟(会長)
群馬県ホッケー協会(会長)
群馬県ゴルフ連盟(会長)
群馬県山岳連盟(顧問)
群馬県合気道連盟(特別顧問)
群馬県国際農村青年協議会(名誉会長)
日本武道館(理事)
民間活力開発機構(理事)
世界平和研究所(副会長)
日韓協力委員会(副会長兼理事長代行)
日本温泉協会(顧問)
茶道裏千家淡交会(関東第二副地区長)
日本華道連盟(名誉会長)
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(顧問)
ほか多数。

家族

妻:真理子 子供:一男一女

Profile

Hirofumi, NAKASONE

Member of the House of Councillors (Senator)
the National Diet of Japan,
elected from Gumma prefectural constituency 5 times
Date of birth: November 28, 1945

Biography

1968
Graduated from Faculty of Business and Commerce, Keio University.
Asahi Chemical Industry (-1983)
1983
Special Assistant to the Prime Minister and the secretary to the president of the Liberal Democratic Party (LDP)
1986
Elected as a member of the House of Councillors for the first time (successively elected 5 times to date)
1990
Parliamentary Vice-Minister, Ministry of International Trade and Industry
1993
Chairman, Committee on Commerce and Industry, House of Councillors
1997
Chairman, Committee on Rules and Administration, House of Councillors
1998
Chairman, the LDP’ Policy Deliberation Board for the House of Councillors
Chairman, Special Committee on Managing Debts of Japan National Railway Settlement Corporation and Reform of National Forestry Services,House of Councillors
1999
Minister of Education, Science, Sports and Culture, and Director-General of the Science and Technology Agency (Obuchi administration)
2000
Minister of Education, Science, Sports and Culture, and Director-General of the Science and Technology Agency (Mori administration) Special Adviser to the prime minister (educational issues)
2001
Chairman, Deliberative Council on Political Ethics, House of Councillors
2002
President of the Judge Impeachment Court
2004
Chairman, Committee on Budget, House of Coucillors
2006
Chairman, Special Committee on Fundamental Law of Education, House of Councillors
2007
Chairman, Committee on Discipline, House of Councillors
Chairman, the LDP’ Research Commission on Culture and Tradition
2008
Minister For Foreign Affairs (Aso administration)
2009
Chairman, the LDP’ Party Ethics Committee